Newtonという雑誌をご存知だろうか。
 全ページカラーグラフィック印刷の科学雑誌。月刊で、お値段が少々張りますが、話題が、身近な生活に関係するものから、地球温暖化、自信、津波、iPs細胞、最新先端医療、科学史などまで多岐にわたり、図や写真がカラーで美しく、それを見ているだけでも楽しくなるような雑誌です。

 何年か前の号では、禿げのメカニズムや禿げが進行するパターンなどを扱っていました。また、人間の性ホルモンに関する内容では、性ホルモンが生殖に関係するだけでなく、病気から体を守り体を健康に保つ働きがあることなどについて書かれていました。
 いつも、「へぇ~~~、そうなんだ。」とか、「なるほど。知らなかった~~。」というような驚きを覚えます。

 今月号のメインの記事は地球温暖化とCO2に関することでしたが、オイラが興味を持ったのは、
『老化は防げるか  ついに老化の謎が解明!?カロリー制限が寿命をのばす』
 でした。
 昔からいわれてきた『腹八分目』が寿命をのばすというわけ。実際にサルを使った実験結果が示されています。30%カロリー制限したサルのグループの方が、しなかったサルのグループより生存率が高いという結果が出ています。顔や体の様子の写真も載っていますが、明らかに違います。カロリー制限した方が若々しい。
 カロリー制限が老化を防ぐメカニズムは、カロリー制限→解糖系エネルギー生産の抑止→良質のミトコンドリアができミトコンドリア系エネルギー生産が増える→長寿遺伝子の活性化、酸化ストレスの減少というものだそうです。

 30%摂取カロリーを落とせば、老化を遅らせることができるんですね~~

 わかっちゃいるけどねぇ~~~

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


関連記事