小学校英語活動というと、
テンション高く、ゲームやアクティビティをする
って感じに捉える人が多いかもしれませんが、
小学校の5,6年生の子達は、
テンション高く楽しくやれさえすれば、ついて来る
なんて考えるのは、彼らをナメてますから~~~

それに、教師の方が、毎時間毎時間テンション高く……なんて、ムリですから……
おもしろおかしくやりさえすれば、楽しくやりさえすれば、子どもはついて来る、なんて考えるのは、浅はかです。

5,6年生の子どもは、わかりたい,理解したいと思う気持ちが強く、知識欲や知的好奇心が高いのです。それに応えるためには、教師側が真剣に
英語についての知識や外国語を学ぶ意味
について考えたり学んだりしなきゃ。

ところで、話題をガラリと変えますが、激しく美味しいものを紹介します。

なっと昆布

海藻の商品を専門に販売するお店の商品です。オイラは、インターネット会員になって、注文して取り寄せています。特に、この『なっと昆布』が、ムチャムチャおいしい。山わさびと細切り昆布を醤油味で仕立てた一品。お酒のつまみにも、ご飯のお供にも、もう、サイコ―ですぅ。
興味のある方は、『光海藻』で検索してみて下さい。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 教育ブログ 英語科教育へ
にほんブログ村



関連記事