大地震、津波、そして、福島原発事故から二カ月がたった。

自然の脅威、放射性物質を生成してしまう原子力発電の脅威、政治家の無能と無策、官僚の自己保身、大企業の利潤優先の非人間性など、日本社会の負の部分を否応なしに突きつけられた二カ月だった。

個人として考え、行動、判断することをせず、上からのお達しを待つ。
旧態依然で、変えることや新しいことに抵抗する。
そして、大切な決断や実行を先延ばしにする。

だけど待って、このような気持ちが、私たちひとりひとりの中にないだろうか?
硬直した、内なる官僚主義が……
あるよ……特に公立学校の教員なんか、大いにある。

失われたたくさんの命と財産、生き残った人の限りない悲しみと痛み、これからも続く放射能に対する脅威というあまりにも大きな代償を払って、日本人はこの内なる官僚主義を廃することができるのだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事