うちの市の給食についての話。

 牛乳は、200ccの紙パックのものを出しています。

 その紙パックを

 リサイクル

と称して、

洗って乾かしてきれいに伸ばして重ねて出すように

指導しているんだけれど、実は、

リサイクルなどしていないの
単に焼却処分されるだけ。

それは、給食センターも一部の教師も承知していて、でも、この事実は子どもや親には知らせずに、リサイクルへの意識付けという意味でさせている。

ものすごくおかしいし、しかも、非合理的だよ。

洗うための水の料金は税金でしょ? ただ焼却処分にされるだけなのに、無駄に税金を使うって、むちゃくちゃおかしいんじゃない?

しかも、こういう事実を隠しているということを子どもたちが知ったら、どう思うんだろう?

こういうことが一度どこかで通ってしまうと、やめることができない。

原子力利権ムラとどこか構造が似ているような気がするのは、私だけかな?

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





関連記事