今朝、ポーちゃんとお散歩の最中、キタキツネと2~3mくらいの接近遭遇でした。

春先にも一度今朝と近い場所で見かけたんです。

今日は、うちの地区の燃えるゴミの収集日。もしかしたら、えさをあさりに民家密集地に出没?

まあ、すぐ近くに湿原が迫る場所なので、いること自体はそんなに珍しくもないのですが、誰か人間が不用意に食べ物を与えるってことが、こういうことにつながるのではないかと危惧します。結局、野生動物であるキタキツネにも,我々人間にも、良くないと思うの。いろいろな意味でね。

っていうような、何だか腹立たしいような、釈然としないような、そんな気持ちがしました。


******………


フレンチオープンテニスが佳境なの。
男子はジョコビッチ、フェデラーが手堅く勝ち進んでいますが、女子は世代交代なのかも。今まであまり聞いたことのない名前が勝ち残ってる。


******………

日曜日に、エリザベス女王を描いた映画をBSで見ました。確か、ヘレン・ミレンがアカデミー賞の主演女優賞をとったんだっけ?
女王なりの考えで伝統やしきたりを重んじて対処したあのダイアナの事故。イギリス国民が必ず理解してくれるだろうと信じていたのに、真逆な反応に戸惑い、王族としての孤独と厳しさとを一身に受けていた女王の凛とした姿が印象的でした。大きな鹿を見て涙を流す場面で、それを感じました。
ダイアナは個人が立ちすぎて、しかも、大衆受けが度を超していた。しかも、彼女の実像は『境界性人格障害』だったという話もあり、公の彼女と個としての彼女はまるで違ったのだ。イギリス王室はそんな彼女に振り回されたのだ。……というような描き方でした。フィクションとしてはおもしろい描き方かもしれませんが、真実は一体どうだったのでしょう。今でも陰謀説がまことしやかに語られるそうですから、もっともっと時間がたった後に真実が明らかになるのではないでしょうか。

とにかく、ヘレン・ミレンが、ものすごく女王に似ていてびっくりしました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 教育ブログ 英語科教育へ
にほんブログ村



関連記事