ほかの方のブログで知って、このトークショウの動画を見た。


この二人の話が深い。
いろいろ考えさせられた。

この一週間、職場のこと子どもの事で、情けないことや腹立たしい事が続き、がっくり来ていたところへ、このトークショウ。

言葉にすら表すのが難しい、教師が教室で子どもといる時に感じる空気感や皮膚感をもっと信頼し、大切にしたい。

どんな子どもをも、どんな同僚をも、引き受け、信頼する。

子どもや教育を細分化、数字化、データ化、序列化して、目に見える結果しか見ようとしない、語ろうとしない傾向がこのまま続くと、学校という場を、教育の営みを、破壊してしまうのではないかという危機感を覚えます。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事