She
May be the face I can't forget
The trace of pleasure or regret
May be my treasure or the price I have to pay
She
May be the song that summer sings
May be the chill that autumn brings
May be a hundred different things
Within the measure of a day

She
May be the beauty or the beast
May be the famine or the feast
May turn each day into a heaven or a hell
She may be the mirror of my dreams
The smile reflected in a stream
She may not be what she may seem
Inside her shell

She
Who always seems so happy in a crowd
Whose eyes can be so private and so proud
No one's allowed to see them when they cry
She
May be the love that cannot hope to last
May come to me from shadows of the past
That I'll remember till the day I die

She
May be the reason I survive
The why and wherefore I'm alive
The one I'll care for through the rough in ready years
Me
I'll take her laughter and her tears
And make them all my souvenirs
For where she goes I've got to be
The meaning of my life is

She
She, oh she

映画『ノッティングヒルの恋人』のテーマ曲
エルビス・コステロが歌った

ロマンティックですてきな歌だよねぇ

この歌のオリジナルが、シャルル・アズナブールが作曲したもので、イギリスのテレビドラマのために英語の歌詞がつけられ、そして、映画『ノッティングヒルの恋人』に使われたという、経緯があるってコトを初めて知った。

最初に作られたのは60年近くも前のことなんだって。

60年も歌い継がれる、時代を超えた歌。

すごいねぇ。

英語の歌詞は、見事に脚韻を踏んでいて、本当にステキ。

BS―TBSの番組で、歌・音楽誕生にまつわるエピソードとインタビューで構成したSONG TO SOUL

来週は、サンタナのブラック・マジック・ウーマンなんだって。

にほんブログ村 教育ブログ 英語科教育へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

関連記事