で、ここ三日間、小麦、大麦由来の食品をできるだけ排除しています。

ただ、醤油だけはムリ。小麦由来の成分が入っているようです。

麺類、パスタ類、ビール、クッキーなどの小麦が原材料になっているお菓子類も口にしないよう、気を付けています。

土曜日、午前中にスパゲティを食べて、夜8時過ぎごろにむちゃくちゃお腹が痛くなって以来、何の不調もありません。あと10日間米中心の食生活を続けてみます。そういえば、ビールを飲んだ次の日、手足の指関節が痛くなる(こわばる?っていうのか?)という現象もあったなぁ。今日は、それもないよ。


病院に行ってお医者さんに相談したいけど、うちみたいな田舎で、グルテン過敏症に詳しいお医者っているんですかね。そもそも、日本でどれだけ認知されているのですかね。検査体制とかも、確立されているのかなぁ。
ちと、不安です。




閑話休題

平田オリザさんの『わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か』
大津由紀雄先生、江利川春雄先生、斎藤兆史先生、鳥飼玖美子先生の『英語教育、迫り来る破綻』
岩波ブックレット 佐藤学さん、勝野正章さんの『安倍政権で教育はどう変わるか』
内田樹さんたちの『脱グローバリズム宣言』
Michael Sandel 'WHAT MONEY CAN'T BUY'
副島隆彦さんの『浮かれバブル景気から衰退させられる日本』

↑この6冊を同時並行してちょっとずつ読んでいるから、読了したのは『わかりあえない……』だけで、ちょっとイラ~~~っとしてます。どれも読みたいから、ついつい手を付けてしまう自分に。


グローバリズムって、早晩行き詰るよなぁ……
でも、日本はどっちみち、縮んで行かざるを得ないよなぁ……
生き方も考え方も、立ち止まって考えてみないとなぁ……

考えてみたら、昭和4年生まれ85歳の父が、日本のいいところを一番味わった世代なのかも……
ただ、この間、父がぼそって、「まさか、こんな時代になるとは思わなかった……」みたいなことを言ったね。小泉元首相や自民党をけなしていました。あいつのせいで、日本がわやになったって。

日本人って、だまされやすく、操られやすい国民なのかね。情けないけど。

関連記事