文科省の調査官が来て、セミナーやっていったんだけど、やっぱりいつもの繰り返し。

中学、高校の英語の授業改善を進めましょうとか、小学校英語が教科になるので、こんな風に授業をしましょう、とにかくやりましょうってことだけでした。

現職教員の研修とか教員養成とか、予算をどうするとか、そういう話にはならない。
ものすごく奇妙な感じがした。

教員の研修のめどもなく、予算の裏付けもなく、ただただやれということだけでは、もう、限界がきているんじゃないの?



そして、高校3年生の9割が、目標とする英語力に達していないというニュース報道。
どんなテストを行って、どんな統計的処理をして、こういう結果を出したのか、詳細は不明だけど、英語だけものすごくあおられている感じ。

これだけ煽れば、英語学習関連業界に、利益誘導できるねぇ。そして、献金がっぽりもらうってか。
大手学習塾とか、英会話教室とか、癒着構造におうね。

ならば、とりあえず、人的資源や予算を、全国の高校に集中させるということが必要なのではないですか?
なぜ、小学校なのか。

ほんと疑問だわ。