013c2a2e2b73c8db0b2237c10c59701eaaeae96439.jpg
0144f29195a0cfffdd5409f6361186d90aa8cd7862.jpg


この週末にちびちび読んでいる本達です。

佐藤優さん著『世界史の極意』
現代の世界情勢を読み解くために、歴史を大づかみに理解することが必要ということです。

『日本人学習者に合った……』は、日本のEFL環境を考慮に入れるべきと主張しているところが、気に入りました。
SLA理論をそのまま中学高校の英語教授法に取り入れても、うまくは行かないだろうとも。

『小学校からの英語教育をどうするか』
言語教育における、頭と心と体を切り離された、トレーニング中心主義、数値目標による管理や評価は、子どもだけでなく、教員研修においても、悪影響を与えると論じています。

何をもってして、「英語をしゃべれる」とみなすのか。

英語を身につけても、日常生活の中では、使用する機会がほとんどないような、だからこそ、受験をクリアすることが、最も大きな動機づけとなるような、特殊な言語環境にある日本。
しかし、言語教育・言語学習の最終的な目的は、具体的な力を身につけること。その具体的な力とは、学習者が、ある文脈において、ある特定の相手との間で、情報や感情の交換や何らかの交渉やタスクの達成などを果たし、満足することができる、ための力である。
その、具体的な、目標となる力、あるいは、必要とする力は、学習者個々に多様なので、数値やCandoリストなどで、簡単には割り切れない。

小学校で、あいさつや基本的な単語、英語の発音事態にに触れるのは、いいとしても、教科にして数値目標や数値評価をすると、言語を学ぶ複雑さや面白さ、多様性などを切り捨てることになるのではないかと、懸念する。特に、言語教育の門外漢ばかりで構成されている、首相の私的諮問機関である、教育再生なんとかのグループの人達の論調を知ると。
関連記事