うちの犬っこ、ポーさんの皮膚が、またまた、赤くなってきました。思い出せば、昨年も、4月末にわきの下や後ろ脚の付け根のところが真っ赤になって、炎症が始まった。

 キク科、イネ科、ナス科の植物にアレルギー反応があるので、タンポポを疑っていたけど、蕗もキク科なんだよねぇ。うちの地方は、一昨日みぞれが降ってとても寒かった。今日、ようやく少し暖かくなったのね。今は、ふきのとうが花盛りで、タンポポもぼちぼち咲いてきたところ。どちらもキク科の花だよ。

 きっと、それが悪いんだと思う。花粉の吸引なのか、接触なのか、両方なのかは、イマイチわからないけれど、いずれにせよ、まったく外に出さないということは不可能なので、避けようがありませんね。

 とにかく、皮膚や被毛に花粉がつくのが悪いのであれば、お散歩のたびに、濡れタオルで拭くかシャワーでさっと流すかすることしかないですね。あとは、アトピカを毎日飲ませるしか、ありません。


 閑話休題


『カラダを痛めない古武術介護』

という本を購入。これから、いろいろと役に立ちそうです。

関連記事